第3回 連載投稿トーナメント


トーナメント合格者体験記

『懲役339年』伊勢ともか さん
第2回投稿トーナメントに応募し、「懲役339年」でグランプリに輝いた伊勢ともかさん。
その伊勢さんに、投稿トーナメントに応募したきっかけから、優勝するまでに努力したことなどを聞いてみました!

Q.伊勢さんはもともと投稿トーナメントに応募する前からプロ(マンガ家)を目指していたんですか?

「裏サンデーのトーナメントに応募する前までは、持ち込みなどマンガ家の道を目指すどころか、同人誌等マンガを描いた経験も無い、いわばぺーぺーのド素人状態でした(笑)。
…というより、大学卒業後の進路も決まってなかったんで、そのままマンガ家になりました(笑)」

Q.投稿トーナメントに参加してみて、この企画をどう思いましたか?

「優勝をさせていただいた僕がいうのも恐縮なんですが、こんな超スピードデビューできるなんて投稿トーナメントはスゴイなぁ、と感謝しています(笑)。
おそらくこのトーナメント企画に興味のある方というのは、
① 「いろんなマンガを読めて、楽しい!」という【読者】の方たち、
② 「ガチで裏サンで連載してやる!」という【優勝狙いのマンガ描き】さんたち、
③「マンガはちょっと描いてるけど、持ち込みとかはハードル高いよね?」という【カジュアルめのマンガ描き】さんたちの、大きく分けて3種類の方が参加する企画だと思うんです。
僕自身がこの3つめの【カジュアルめのマンガ描き】だったので、この方たちに向けて言っておきたいことですが、おそらくトーナメントにマンガを投稿しようかどうか迷うと思います。
でも、迷っているのだったら絶っっ対、投稿した方が良いです!

Q.投稿トーナメントを勧める理由はなんですか?

「このトーナメントは読者からコメントが貰えます。自分のマンガをあまり大勢の人の前に見せた事が無い、という人にとっては、作品が人にどう見られるのか知ることができる、良いチャンスだと思います。
ただ、コメントシステムはこのトーナメントの大きな魅力ですが、やっぱ感想聞くのってちょっと怖いですよね。自分のマンガが一番下手だったらどうしよう…って思う人もいると思います。僕もそう思っていました(笑)。ですがエントリーされる作品は、本当に千差万別で、玉石混交です。めちゃめちゃ上手い!っていう人もいれば、言い方は悪いですが雑な作品もあります。だから安心して投稿して下さい!なんと言うとちょっと乱暴ですが(笑)。自分の及ばなさを怖がって投稿しなかった人より、身の程知らずだけど大勢の読者に見てもらい、競い合える作家達をつくったほうが、一人で描いていた頃よりも圧倒的に成長が早く、面白い作品ができるはずです。
実際に僕は、第1回目のトーメントでは2回戦に勝ち進めず、悔しい思いをしました(苦笑)。でもその悔しさがあったから、2回目のトーナメントで優勝することができたんだと思います

Q.連載トーナメントに参加して良かったことはありますか?

投稿で参加しながら、読者としていろんな作品を読めたことですね。
読者側に回って自分の好きな作品を探したり、この作品には負けたくない!なんてライバル見つけたり、ツイッターやサイトで他の参加者さんと交流したり…まるで祭りに参加してるような気分でした。
僕は人が多いところが苦手でお祭りとか絶対行かないんですけど、初めて、お祭りの楽しさってこういう事なのか!と理解することができました(笑)」

Q.ぶっちゃけ聞きます。トーナメントで優勝する「秘訣」を教えてください。

「ビギナーズラックと応援してくれた皆様に背中を押され、シロウトに毛が生えたような状態でプロになった僕が言うのもちょっとおこがましいんですが、優勝してみて思い返して、やっぱり一番大事だったんだなぁと思うのは、読者の存在です。
もの凄く当たり前の事ですが、上を狙うのであれば、とことん読者の事を意識しなければいけない事になると思います。独りよがりでない展開、読みやすい画面構成などは当たり前ですが、トーナメントの性質上、通常よりも大切になってくるのは「タイトル」です。

Q.タイトルを意識したのはなぜですか?

「エントリー作品はサムネイル等無く、タイトルのみで並ぶ事になります。そして100を越える作品数。読者も何から読めばいいのか…という状態になりますよね。そんな中で、読みたくなるようなタイトルというのは思っている以上にとてつもなく大きなアドバンテージです。どんなに作品が面白くても、読んでもらえなければ票も入りませんからね。
具体的な話をすると、僕は「懲役339年」というタイトルで一位を獲得できましたが、このタイトルはトーナメントで闘う上で非常に有利に働いたという確信があります。
「懲役339年」…言葉の意味はわかるけれど、それがどういう事なのか、どういう話に繋がるのか、気になってついクリックした方は多いんじゃないかなと思っています。
分かりやすくてキャッチーだけど、同時に疑問も持たせる、みたいな。もちろんタイトルの付け方は人によってさまざまだと思うので、あくまでほんの一例ですが、こういう些細なところまで読者を意識したおかげで、前回の結果があったと僕は考えています。」

Q.これからトーナメントに参加する方へ伝えたいことがあればどうぞ。

「連載なんて俺には…って人でも、マンガを描くんだったらトーナメントにとりあえず参加したほうが良いです!僕も最初は、そんな気分で参加しました。
プロのマンガ家になれた事もちろん一番なのですが、同じかそれ以上に収穫があったなぁと思うのは、仲間やライバルが出来た事です。トーナメントは闘いです。
こいつより面白いマンガを描きたい!このマンガだけには負けたくない!真剣勝負で頑張っていると、いつの間にかお互い認め合っている存在が生まれてたりします。でもそれって、めちゃめちゃアツくないですか?(笑)僕はこんな体験が本当に現実で出来ると思っていませんでした。これが一番、トーナメントに参加して良かったと思える実りでした」

Q.最後に伝えたいことがあればどうぞ。

「長々としゃべってしまいましたが、第3回トーナメントで、どんなマンガに出会えるのか、今から僕もドキドキしています。投稿される方は頑張って下さい。前回のトーナメントで僕の作品を応援してくださった読者の皆さん、ありがとうございました。今回もぜひ、この企画を盛り上げていってほしいと願ってます」

インタビューありがとうございました!


その他の合格者のQ&Aはコチラ!
合格者体験記② 『Helck』七尾ナナキ さん合格者体験記③ 『ラブ・ボーイ・ラブ』はらまさき さん